TENETレッスン22

保守的な聖書協会TENETレッスン22

崇拝

私たちは、すべての信者が自由と自由をもって全能の神を崇拝する機会を持つべきであると信じています。会衆は、必要に応じて、挙手で崇拝すること、他の崇拝を尊重する言葉による賛美、祈りと賛美のコンサートの機会を持つことを奨励されています。

私たちは神が秩序ある方法で私たちの礼拝を要求する神であると信じています。秩序正しく崇拝しないことには、不敬なダンス、ピューのジャンプ、または聖域の周りを走るなどの行動が含まれます。敬虔なダンスは崇拝的で、神に焦点を当て、称賛に値し、会衆的に啓発的です。崇拝者は、アーメン、ハレルヤ、栄光、主を賛美する、および神に栄光を与える他の言葉を言うことによって、彼らの声で神を賛美することができます。声で、または挙手で神を崇拝することは個人的な選択であり、他の個人から強要されるべきではありません。

2サムエル6:14-16;詩篇30:11; 149:3、150:4; 1コリント14:33,40

礼拝とは何ですか?

すべての真の崇拝は心の問題です。真の崇拝とは、何よりも神を大切にし、大切にすることです。ヨハネ4:23-24によると、 真の崇拝者は霊と真理で父を崇拝します。 それで、本当の崇拝は心の中で始まり、それから言葉と行動を通してそれ自身を表現します。

Mankind was made to worship God. Because of the fall men often drift into worshipping other things. The Bible contains many warnings about worshipping idols. Our lack of understanding of what an idol is prevents us from addressing this common problem even among Christians. An idol is anything that we look to for help or for comfort instead of depending upon God. It is not just a wooden statue or a stone.

礼拝は単なる歌の言葉ではありません。歌うことを通して、私たちは神を高め、栄光をもたらすことを目指しています。気楽にできることではありません。また、什分の一と献金をささげることによって神を礼拝します。神は私たちがどのように私たちの生活を送るかによって崇拝されています。私たちが創造における神の偉大さを認めるとき、私たちが感謝するとき、そして私たちが私たちの必要を満たし、私たちの世話をするために神に謙虚に頼るとき、神は栄光を受けます。真の崇拝は神の美しさに反応する心です。

礼拝の種類

礼拝には実際には2つのタイプしかありません。

  1. 神に受け入れられる-心から始まり、言葉や行動で表現される崇拝。
  2. 神に受け入れられない-外部の行動が何であれ、心から始まらない崇拝。

Corporate worship is the centerpiece of the gatherings of the saints. Worship includes hearing and obedience to the Word of God. Hebrews 10:25 reminds us that we should not stop assembling together because we need to worship.

Corporate worship includes singing, praying, teaching, confession, baptism, Communion. The important thing in worship is that everything is centered around the greatness and goodness of God.

jaJapanese